FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Originすごかった

GPSフィンランド大会、すばらしかったですね!

11月4日も相変わらず両親の介護関係のことで
淡々と過ぎていきました。
グループホームを2つ見学し、母に面会に行き、帰宅したらもう21時。

この日も満を持して羽生選手のフリーの滑走時間を迎えたのですが・・・
やっぱり緊張して無理でした。
私がライスト応援したことでちょっとずつ何かの狂いが生じてそれがどんどん
伝播していって、ついには遥かフィンランドの地に響いてしまったら・・・うううむ。
息子には「お母さんにそこまで世界への影響力はないよだからちゃんと見なよ」とあしらわれ、
でも些細な行動からの運命のひずみというものを私は恐れてしまうのです。
ほんと、おこがましいにも程があるとは思うのですが。

娘にも同じように訴えたところ、さすがは高校3年生、建設的な提案がありました。
「じゃあ、私がお母さんの代わりにライストするよ!」、おいおい受験生、大丈夫なのか?
しかしながら背水の陣を布く私、苦渋の決断で娘にライスト応援を託しました。

すでに6分間練習からリビングを右往左往する私、まるで動物園のオオカミさんです。

静かにOriginが幕を開けます。
PCを見つめて実況中継の娘。
娘:おかーさん!今こらえたけど転んでないよ!
私:4ループやな
娘:おかーさんなんでわかるの!
私:GOEはいくつ!何色!数字読んで!
娘:おかーさん何それ!まだ何も出てないよ!
・・・
娘:おかーさん羽生くんすごい連続で跳んだ!
私:ええええっGOEは!色と数字!
娘:おかーさんまだだってば!
・・・
そして後半、あまりの緊張とコーフンで思わずPCを覗き込み、
世界初の4T3Aを目撃し、フィニッシュでは眼力に震え、とにかく
叫んで騒いで、あっという間に表彰式の運びとなったのでした。

退路を断ち、夢をもち続け、深く自己を省みてまた前を向く。
美しい姿かたちの恩恵だけでなく、あらまほしき人としてのあり方を
若い羽生選手にいつも教えていただいている有難い毎日です。
もっとがんばって、もっと真面目に生きようと思います。
スポンサーサイト

フィンランド

いや~あっという間に11月です。

両親がどんどん弱ってきてます。
苦労をかけたぶん、楽しく健康に好きなことを好きなだけして
過ごしてほしいと心から願っていましたが・・・

先月末から体調が優れない母は、「寝ていれば治るから」と言って
私たちに手間をとらせないように気遣っていたのかもしれません。
ちっとも回復しないし、予定していたデイサービスも当日に休んでしまうし、
思い切ってかかりつけの内科クリニックに連れて行ったのです。
少し咳も出ると先生に話したらすぐにレントゲンの撮影をしてくださいました。

診察室に私だけ呼ばれて画面を見せてもらったら。
母の右の肺が真っ白でした。
すぐに提携病院の呼吸器内科に連絡してくださって、タクシーで向かい、
長い長い待ち時間と検査のあとで、即入院となりました。
母の不調は肺に3リットルもの水がたまっていたことが原因でした。
受信してよかったという安堵よりも、なぜ高齢の母の体調不良をここまで
軽く見てしまっていたのかという後悔ばかりでした。
苦しかっただろうに。
10月29日に入院し、11月8日に手術となりました。
確実に足腰も弱り認知症も進むだろうという、主治医の先生のお話もありました。
同じく認知症の父は一人暮らしのような状況で母の帰宅を待ち続けています。
一緒に住んでいる弟は仕事のため父と顔を合わせることはほぼありません。
食事も服薬も誰かが手を貸さなくては人並みにはできません。
私は4月には遠くに引っ越します。
ケアマネージャーさんや訪問看護ステーションの看護師さんにアドバイスを
いただきながら、今後の両親のより良い生き方を模索しているところです。


・・・・・・で!!!!
現実からちょっとだけでも夢の世界をのぞかせてくれるのが、そう、羽生選手なのです。
昨夜、母に面会して、全統マーク模試帰りの娘とぐだぐだと話しながらの帰り道。
どうしようライストすべきかやめとくべきか。
おかーさんがナマで応援するとわりと羽生選手が苦戦なさるかも
う~~~ん怖いこわいコワイ!
なぐさめられたり鼓舞されたりして帰宅し。

いよいよ羽生選手の滑走時間(予想)!
震える手で私がしていたことは、子どもたちのお弁当箱を洗い、テーブルを片付け、
日記を書き、ブツブツ祈る。ひたすら祈る。
結果を知るのも怖くて先にお風呂で潔斎し、満を持してスマホを開く。
SP世界最高得点!?なんだとー!?
珍しく模試の自己採点中の娘と、数学の難問を解いている息子の目の前で
サイレントガッツポーズを決めたら、察しのいい娘が反応してくれました。
・・・・・・羽生選手は自分を超えてらっしゃるのに、なぜ娘は第3回だというのに
前回を越えられないのだろうか。

いや~~~今日は情報を追うのに忙しくなりますね嬉しい!
でも淡々と日常は過ぎていくのです。
息子は朝から陸上部へ、私は昼からきょうだい3人で、グループホームの見学へ。
娘だけがまだ惰眠をむさぼっています。
だが、今はよく眠れ。眠るならしっかりと全霊で眠れ。
起きれば眼前にあるのは現実だ。午後からは予備校の公開授業(無料)に無理やり行かされるんだし。
ひたすらに今は眠れ。幼かったあの頃のように、安心して無邪気に眠れ。

あぁ、私も思い切り寝坊してみたい。

今夜のライストどうしよう・・・




Origin

ついに初の!オータムクラシック公式練習/SP/FSのライストリアタイコンプリート!
6練でのジャージ脱ぎの悲鳴の渦も、スマホではさっぱり現状の把握ができなかったけれど、
なんと美しい黒・金・羽・透け・・・・!
なんと凛々しい前髪上げ・・・・!

生きててよかった
がんばって起きてよかった
やっぱり羽生選手はすごいや

休日の朝にしては珍しく娘が起きてきて、
リビングにもいつもの空気が流れ始めました。
これから私は母として家族の朝食のしたくをして、
洗濯物をたくさん干して、

9時からは、三人きょうだいの真ん中として
建て替え中の実家の電気設備の確認をしに行き、

そのあとは今度は次女として、仮住まい中の両親の家に
今週の飲み薬のセットをしに行き。

こうして過ぎていくありがたくも淡々とした日々に
ひととき自分の「好き」にひたむきになれる時間をもてることに
感謝です。

さあ次はフィンランド。
体力と勇気と愛で、このシーズンこそライスト応援がんばります。

秋によせて

いや~~~きれいでした。
ほんっっとに美しかった。

スマホの小さな画面を食い入るように見つめ続けた早朝。
こんなふうに胸がぎゅっと締めつけられたり、
ジャージの上を脱いで衣装のお披露目をする瞬間を、
世界中のファンが同時に迎えられたり、
ジャンプを祈りながら見つめたり。
夢中になれる時間を与えてくださってありがとうございます!

しかし、カナダはどうして羽生選手にだけ辛口採点なんですかね。

明日の早朝もぜったいにリアタイするぞ!!

オータムクラシック

猛暑をしのぎ、やっとこさの秋の気配。
今朝はオータムクラシックの男子シングル公式練習のライストがありましたね!

夢見るだけでも贅沢だと思っていた、あの名作。
羽生選手がどのように解釈をして身体表現に落とし込むのか。
な~んて小難しいことはいいんです。
2時10分に目覚ましをセットして昨夜は子どもたちより早く床につき、
無事に拝見することができたのです。
スマホを見つめてニヤニヤする私。
公開練習ならリアタイできちゃう。
だって緊張しないし!
明日もSPをライスト観戦の予定ですが、どうだろう、緊張して
まともに見られないかもしれません。
でも、オリンピックを二連覇してもなお現役の選手でいてくださることに
感謝し、一戦一戦をいち応援者として大切にしていく所存です。

しかし、今日もすばらしく美しかったですね~~~~


このところ実家の両親の認知の衰えが割と顕著で、しかも父が
けっこうな頻度で軽い怪我をしたり調子が悪くなったりで、
自分のことがおろそかになっているとあらためて自覚。
もともとあまり身なりにはこだわりがないとは言え、
伸びきった髪の毛、いつもいつもTシャツ、眉毛とリップクリーム
だけですませてしまう身支度・・・何とかしなくてはいけません。
健康診断も後回しになっているので、この秋にはぜったいに行きたい。

子どもたちは、高3の長女は怒涛の三大行事が遂に終わって
学校は「静」の時期へと切り替わりました。
最後の「うんどう会」はブロックで賞もいただいたのが嬉しかったなぁ。
中2の長男は、スゥエーデンリレーに選抜リレーに民舞にと、忙しくも
楽しい体育大会でした。長女と長男の運動会が今年も同じ日で、
両校を行き来したのも今になればいい思い出です。それぞれが
道を一本挟んだだけの近さで助かりました。
当日のお弁当のメニューを主人も私も考えていたのに、
当の子どもたちは、娘には早朝準備から始まって当日も忙しくて食べる暇もないから
軽くコンビニで買うからね、とやさしく断られ、息子にも、「お腹が重くなると走るのが
つらいから軽めでいいよ」と釘を刺され、あぁ・・・・大きくなるってさみしい・・・。
マメな主人はわざわざ転勤先から帰省して、わざわざ食材を買って、前日の夜から
当日の朝にかけて、レシピ調べて「マンガ肉」というかわいいおかずを作っていました。
せっかくだから、それぞれのお弁当箱にちょっとだけ入れさせてもらいました。

そんなこんなでもう9月も下旬にさしかかろうとしています。
これからはセンター試験を受ける娘の正念場(遅いけど)。
国立大学専願でいくつもりなら、必死に勉強するのだ!
私は共通一次の時代で、国立と私大を1校ずつ受けましたが、
進路指導の先生方には、受験校が少ないのではと言われた記憶があります。
うちの子、だいじょうぶなのかな。

さて、起きてからすでに8時間、眠気が襲ってまいりました。
今晩のバイトに備えてちょっと休みます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。